長寿ホルモンを増やして若返ろう!

少し前に、若返り遺伝子という言葉が流行った時期がありますが、長寿ホルモン・アディポネクチンという遺伝子を知っている人はどのくらいいるでしょうか?
長寿ホルモン・アディポネクチンは、若返り遺伝子の活性化をしてくれるということで注目されているのです。
今回はそんな長寿ホルモン・アディポネクチンを増やす方法をご紹介しましょう。

長寿ホルモン・アディポネクチンとは一体?

遺伝子
geralt / Pixabay

長寿ホルモン・アディポネクチンは、善玉ホルモンの1つで日本で発見されました。
現在、世界的に注目されているホルモンの1つで動脈硬化などの生活習慣病を改善する働きがあります。
血糖値や中性脂肪、血圧を下げる効果を期待することができ、血管自体の炎症を抑える働きもしてくれるホルモンなのです。
その他にも、肝臓や筋肉の働きを活発にし、脂肪の燃焼をサポートしてくれる働きもあるので、長寿ホルモン・アディポネクチンが分泌されるメリットはたくさんあると言えるでしょう。

長寿ホルモン・アディポネクチンを増やす方法はあるの?

長寿ホルモン・アディポネクチンは、食生活や生活習慣を改善することで分泌量を増やすことができます。
アディポネクチンは内臓脂肪から分泌されるのですが、内臓脂肪が増えすぎると分泌量が減ってしまいます。
内臓脂肪は目に見えない脂肪なのでどの程度体についているか判別しにくく、隠れ肥満の人はアディポネクチンの分泌量が少ない可能性があるのです。
そのためアディポネクチンの分泌量を増やすためには、内臓脂肪を増やし過ぎないことがポイントになるでしょう。
内臓脂肪を減らす効果がある食べ物は、大豆製品や緑黄色野菜、青魚、赤ワインなどと言われているので、積極的に摂取するようにしてみてください。

またオスモチンは、リンゴやブドウ、さくらんぼ、ピーマン、じゃがいもなどに含まれている成分で、アディポネクチンと似た働きをします。
こういったオスモチンが含まれた食材を摂取することでも、アディポネクチンの量を増やせるので毎日の食事で意識しながら取り入れるようにしましょう。

長寿ホルモン・アディポネクチンを増やすことで、健康で長生きできる可能性が高まります。
更に、若返り遺伝子の働きを活発にする働きもあるので、若返り効果も期待できるでしょう。
毎日の食事で意識をする事で健康、若返りを手に入れる事ができるので、ぜひ挑戦してみてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です