歯ブラシは綺麗ですか?

毎日使う歯ブラシの保管についてきちんと考えたことはありますか。
歯を綺麗に保つためにデンタルフロスやマウスウォッシュなど使う人もいると思いますが、全ての人がこれらを使いケアをしているわけではありません。
それに、口の中を綺麗にする為に使うものですので生活に保ちたいですよね。
歯ブラシの保管場所、方法についてhassyonが紹介していきます。

歯磨きをした後はちゃんと洗ってる?

歯はしっかり磨くけど、歯ブラシはささっと水で流して終わりって人も多いのではないでしょうか。
実は知らない人も多いですが、水で2~3秒洗っただけではほとんど汚れが取れていないんです。
ブラシの毛はとても沢山あるので、その中に汚れが残ったままだと雑菌が増えてしまう可能性があります。

特にブラシの毛の奥の方はとても洗いにくく、汚れが溜まってしまう為より一層綺麗にしなければいけません。
歯磨きが終わったら、必ず流水できちんと汚れを落とすようにしましょう。
また、重曹で除菌する方法もあります。
完全に除菌しきれるわけではありませんが、重曹水に歯ブラシをつけ清潔にしておくという方法もおすすめです。

歯ブラシをどこに置いている?

実は歯ブラシを置く場所はとても大事なポイントなんです。
いわゆる洗面所についている、棚の中に入れている人も多いと思いますが、この保管方法はよくないのです。

棚の中にしまってしまうと風通しが悪いので乾燥できません。
そして、歯ブラシが長い時間濡れた状態になっているので、雑菌が増えてしまう原因につながるのです。

同じようにユニットバスもお風呂が一緒になっていることから、歯ブラシが乾かずに湿気で汚れてしまう場合が多いです。
また、1つのコップに大勢の歯ブラシを入れていませんか?
みんなの歯ブラシがくっついてしまった状態は、衛生上本当に良くありません。
最悪の場合、歯ブラシについていた虫歯菌が他の人の歯ブラシに移ってしまうこともありますので、注意しましょう。

一番良い方法は一人ひとりにコップを用意して歯ブラシが触れないようにし、乾くように間隔をおいて置くようにしましょう。

歯ブラシは定期的に交換しよう

丁寧に取り扱いをしたり、保管をしてもやはり歯ブラシにも寿命はあります。
ずっと使い続けていれば汚れが溜まってしまう事は仕方のない事です。
上記のような歯ブラシの保管方法を試しつつ、1ヶ月に1回歯ブラシを買い替えれば常に綺麗状態を保ち、使い続ける事ができるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です