少しの工夫で老けた印象から若い印象へ・・・

最近は、40代~50代のマダム世代で年齢より若く見える人もいれば、その反面若い人でも実年齢より老けて見える場合もあります。
なぜ、老けた印象になるか若い印象になるか理由を知っていますか?
多くの人が勘違いをしている、スキンケア、メイク、ファッション等々で変わるものではないのです。今回は、老けた印象から若い印象へ変化させるためのポイントをhassyonがご紹介しましょう。

メイク
Bess-Hamiti / Pixabay

若作りの中にも落とし穴がある

実年齢より若く見られたいがために、若作りをしている人も少なくありません。
若く見られるために頑張っている若作りですが、一歩間違えてしまうと逆効果になってしまう可能性もあるので注意しなければいけません。
若作りをする時に気をつけなければいけないポイントは、年相応のメイクや着こなしをするということです。
これは、メイクやスキンケア、ファッションでの注意点になります。

メイクやスキンケア、ファッション以外では?

メイクやスキンケア、ファッションは、無理に若作りをするよりも、年相応であることを意識しましょう。
しかし、それだけでは無理な若作りをしていると思われる可能性があります。
そこで気をつけたいのは、立ち振る舞いです。
その中でも、笑顔と手の位置はとても大きなポイントになります。
人は成長すると顔が面長になりがちなので、笑顔を作ることで横に広がり、若い印象になるのです。
表情筋を鍛えることができれば、より自然で素敵な笑顔を作ることができるでしょう。
そして手の位置は、胸のあたりに持ってくることで若い印象になります。
年齢を重ねると段々と手の位置が下になりがちです。
そのため、菱形筋を鍛えて手の位置を維持することで、若い印象の立ち振る舞いになります。
若い印象になれば、自分に自信が出てくる為姿勢も良くなるのでおすすめです。

生活習慣にも気を付けて!

外見を変える事で、若い印象を与える事もできますがやはり生活習慣が乱れていると、自分が気が付かない場所で年齢差を感じさせてしまいます。
家でゴロゴロした生活やコンビニに頼り切っている食事、何事も面倒に感じてしまい、ただダラダラ過ごす毎日。
これでは、全てが努力の無駄になります。
疲れている時は休む事も必要ですが、最低でも部屋を綺麗にする、何か没頭できる趣味を見つけるなどをする事で、さらに若々しさを保つ事ができます。

年齢を重ねても若く見られたいと思うのは当たり前のことです。
老けた印象にならないためには、今回紹介したポイントに気をつけて、毎日の生活を送ってみてはいかがでしょうか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です