バナナ体型の方へおすすめの着こなしテクニック

体にメリハリがなくずん胴にみえてしまうのが悩みという方も多いのではないでしょうか。
一見全体的に細く見えるのにどこか寂しい印象になってしまったり、なんだかバナナみたいでメリハリがない体型…そんなバナナ体型の方にピッタリな着やせテクニックをhassyonがご紹介します。

自分の体型をよく知る

バナナ体型の方は、全体的に細く筋肉が少ないためメリハリがなく女性らしい体に見えないというのが特徴です。
細いためダイエットは必要ないと思われがちですが、30代後半になると脂肪がつきやすくなり急に太る可能性が高くなります。
なおかつ筋肉が少ないため一度太ると痩せづらいという性質があります。
そのような体型を改善するには、筋肉の量を増やすことが一番課題になります。
筋肉を鍛える筋トレなどで、体重を減らすということよりも太りにくい体質へ
改善しメリハリのある体を目標にしましょう。

胸から下をふんわり切り替える

細身でメリハリがない方は、ウエストをベルトで引き締めても効果はあまりありません。
そんなときは、胸下あたりから切り替わったデザインのふんわりとしたシルエットを選ぶと良いでしょう。
胸の下にギャザーが入ったデザインは胸を大きく見せてくれる効果があり、またハイウエストで切り替えのあるデザインはよりスタイルを良く見せてくれる効果があります。
太めの方が着ると妊婦さんのように見えてしまいそうなデザインでも細身なバナナ体型の方なら可愛くふんわりと着こなせて、メリハリも生まれます。

ゆるぴたコーディネートを取り入れる

バナナ体型の方は、女性らしくと意識しすぎるよりも、カジュアルなスタイルでその体型を活かしたゆるっとしたニットなどを着ることで男性からの視線も変わるでしょう。
また、細身な体型を活かしピッタリをフィットしたスキニーデニムもおすすめです。
モデルのような着こなしができ注目を集めることができるでしょう。

その他、トップスはラフなスエットの切り替えが入ったデザインでスポーティーな雰囲気にし、ボトムはお尻を隠したスッキリした黒いスキニーパンツを合わせればシンプルでファッションセンスも良く見えるでしょう。
メリハリのある体型に見せるためには、ただ隠すだけではなく自分に自信のある部分も見せて取り入れていくことも大切です。
自信がないからと隠そうとせずに、上手にコーディネートに取り入れていけるよう洋服を選ぶことが重要なポイントになると言えます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です