乾燥知らず!ぷるぷる肌の保湿習慣

お肌の大敵はなんといっても乾燥です。
私たちの肌は、日々乾燥という危機に晒されているといっても良いでしょう。
今回は、お肌を乾燥から守り、乾燥状態のお肌を改善し、ぷるぷる肌を手に入れるために大切なポイントを紹介します。

Free-Photos / Pixabay

クリームタイプのクレンジング剤

乾燥が気になる場合、クレンジング剤はクリームタイプを選びましょう。
メイク落ちのよいオイルタイプのクレンジング剤は界面活性剤の含有量が多く、肌への刺激も強めです。
洗浄力も高く肌にとって必要な皮脂も除去してしまうので、乾燥が気になる場合は注意が必要です。
ぷるぷる肌を目指すなら、洗浄力は弱めですがクリームタイプのクレンジング剤が良いでしょう。
クリームタイプの他には、乳液タイプのクレンジング剤も潤いを逃しにくく、保湿効果が高いと言えます。
肌状態を確認して使用するクレンジング剤のタイプを選び、乾燥知らずの肌づくりをしましょう。

気になる部分の保湿ケア

乾燥しやすい部分とテカリが気になる部分が混在している人も多いでしょう。
目元や口元は皮膚が薄いため、乾燥しやすい部分となります。
保湿習慣の中で、全体のケアだけでなく部分ケアも十分に行うと乾燥知らずの肌づくりに効果的です。
目元ケアの場合、専用のアイクリームを目尻のシワの中にもなじませ保湿します。
口元はクリームタイムやオイル系の保湿化粧品をなじませると良いでしょう。
ニキビが出来やすい部分ですが、美容液などで保湿をするなど、乾燥させないことが大切です。

実はパウダーファンデがおすすめ

乾燥が気になると、粉系のファンデーションよりもリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションで潤いをチャージしたくなるものです。
しかし、実はリキッド系やクリーム系のファンデーションにはお肌に負担となる界面活性剤の含有量が多い傾向があるのです。
乾燥を避けるなら、お肌に優しいパウダーファンデーションがおすすめです。
もちろん基礎化粧品で潤いを与えてベースをしっかりと整えてから、ファンデーションを使用しましょう。

水に触れたら即保湿!

乾燥の大敵は実は水に触れることです。
キッチンでの水仕事や入浴の後など、ケアを怠れば乾燥が進みお肌は潤いを失ってしまいます。
水に触れるとお肌の潤い成分は逃げてしまうので、水やお湯に触れたら即保湿が必要です。
キッチンで水を使った手にはハンドクリームを塗り、洗顔したらすぐに基礎化粧品で保湿をしましょう。
特に、40℃以上のお湯は皮脂を奪うため注意が必要です。
お湯を使わずに洗いものや洗顔をするのは、なかなか辛いものですよね。
だからこそ、お湯を使う季節のお肌の乾燥を防ぐためには早め早めに保湿する習慣が大切です。
ちょっとした習慣に気をつけるだけで、お肌の乾燥を予防し改善することができますよ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です