虫歯にならない対策~前歯編

虫歯というと奥歯がなりやすいと思っていませんか?
当然歯ブラシをしにくい奥歯は虫歯になりやすいですが、同じように前歯も虫歯になりやすいのです。
ではどうしたら前歯の虫歯を防ぐことができるかhassyonがお伝えしていきます。

rgerber / Pixabay

前歯が虫歯になってしまうのは?

前歯が虫歯になる原因は、2つ考えられます。
まず1つ目は、前歯の裏側の汚れが取れていないという事です。
これは、虫歯ができやすい奥歯にばかり集中してしまい、前歯を磨く事を怠ってしまうからです。
前歯の裏側は、簡単に汚れを取る事ができない部分となりますので、意識をしながら磨く必要があります。
裏側の歯磨きを放置してしまいと、歯垢がどんどんたまってしまいそれが原因で虫歯になります。
磨きにく場所で時間もかかってしまいますが、できれば小さい歯ブラシを使いゆっくり時間をかけて磨くようにしましょう「。

2つ目は、唾液が乾きやすくなってしまうという事です。
唾液は、歯を守り歯の表面を再度作り上げる働きを持っています。
ですので、唾液が少ない人は再生機能が弱くなるので、虫歯になりやすいのです。
特に前歯は、口の中でも一番乾燥しやすい部分です。
更に、常に鼻が詰まっている状態の人や、唾液の量が少ないと言った場合は、前歯の乾燥が考えられますので、注意しなければいけません。

虫歯にならない為には?

前歯の虫歯を回避するにはどのような方法、対策があるのかを紹介していきます。

・オーラルケアを徹底

一番効果がある方法と言えば、オーラルケアをする事です。
なかなか磨く事が難しい…そういった場所はピンポイントで磨く事の出来る歯ブラシがあるので、そういったケア用品を利用みてみましょう。
食べ残しが多い歯と歯の間は、デンタルクロスを利用し歯垢を残さないようにケアをする事で予防する事ができます。

・口呼吸を改善しよく噛んで食べる

口呼吸が慢性化している場合、改善する為に鼻呼吸を意識してみましょう。
こうする事で、乾燥はもちろん、ドライマウスを抑制する事ができます。
更に、唾液を出すためにゆっくり、よく噛んで食べるようにしましょう。
しっかり噛んで食べる事で、満腹中枢が刺激されるためドカ食いが抑えられます。

このように、普段の歯磨きで少し意識をすれば虫歯になりにくい状態をつくり上げる事ができます。
綺麗に磨いた…という自己満足にならずに、意識する事を大切にする事が虫歯を作らない歯にするためのポイントになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です