あなたの潤い対策は正しい?

春に美肌を保つためにはお肌の「バリア機能」を強めることが大切です。
紫外線が増え、外気が温かくなり、風も吹くようになるのでそんな状況に負けないお肌を作る必要があるからです。
強いお肌を作るために保湿をする事はもちろんのこと、今まで以上に化粧水の量を多くしてみたり、パックなど特別なケアをするのもオススメです。
お肌の強化には油分よりも「美容液」がオススメで、たっぷりの化粧水の後に美容液という順番でケアするというのが、基本になります。
クリームや乳液は与えすぎるとニキビになってしまうこともあるので、量を調節しながら利用していきましょう。

ご自身が行っていた「お肌に潤いを与えるというケア」は本当に合っていましたか。
本当は間違っているケア方法も広く知られているので、一度自分のケアが正しいのか確かめてみましょう。

ju1959jjj / Pixabay

肌に水分をたくさん与える

「化粧水をたくさん肌にスプレーする」ケア方法がありますが、これは本当に正しいのでしょうか。
肌が乾燥してしまった時には化粧水で保湿するのが良いと聞いたことがありますが、これはただ水分を肌に吹きかけているだけですので、10分もすれば消えて無意味な状態になります。
更に、肌の水分を一緒に蒸発させてしまうこともあるのです。
そこでたくさんの水分を与えるのではなく、「潤い成分の入った美容液」を化粧の上から軽く押してなじませるようにしましょう。
こうする事で、肌の水分量を失わずに維持する事ができます。

肌にスチームで水分補給

スチームも化粧水と同じように水分なので、保湿成分が入っておらず、すぐに蒸発してしまいます。
また、スチームをすることにで肌は柔らかくなるので乾燥には注意しましょう。
乾燥を防ぐためにも、美容液を利用してみてください。

保湿は十分に

水分をたくさんとると、肌に潤いを感じるかもしれませんが、体の中に保持できる水分量はだいたい決まっているので余分な水分は排出されます。
100ml~200mlくらいであれば水分を体に吸収させることが出来るので、このくらいの量をこまめにとることが大切になります。

「保湿」といって頑張っていたのが実は逆に悪い状態にしてしまっていたなんてことにならないように、毎日のケアをしっかり見直してみませんか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です