デンタルフロスを使うと音がする?原因と対策

歯磨きの前後にデンタルフロスを使ったことはありますか?
歯のケアをしっかりしている人はデンタルフロスを常用している人もいると思います。
そんなデンタルフロスを使っている時に「ガリガリ」「ゴリゴリ」などといった音で心配になった経験がある…。
実はこの音がするのには原因があります。hassyonがその理由について紹介していきます。

音を感じてしまう原因

rgerber / Pixabay

・自分の歯に合っていますか?

特に歯並びのいい人にある傾向ですが、歯と歯の間の隙間がとても少ないことから狭い空間に無理やりデンタルフロスを通す事で、うまく動かなくなりひっかかってしまうとガリガリ音と感じでしまうことがあるようです。
一度自分の歯に、デンタルフロスが合っているか確認してみましょう。
またワックス付きのデンタルフロスもありますので、そういったものを利用してみるのもおすすめです。

・虫歯はありませんか?

デンタルフロスを通す部分が虫歯で欠けていると、そのような感触になる事がありま。
虫歯や歯垢があり、歯が欠けていてそのような音がすると感じるのなら早めに歯医者さんに行った方がいいでしょう。

・歯周ポケットに歯石が溜まっていませんか?

歯周ポケットにデンタルフロスを入れて、音がする場合は歯石がある可能性が高いです。
歯石は凹凸がありますから、ガリガリという削ったように感じます。
このガリガリは歯周病の初期状態の場合もあるので、早めに医療機関へ行きましょう。

またフロスピックを使っていてこのような症状があるなら、糸型デンタルフロスに切り替えてみたり、ワックス付きのデンタルフロスに変えてみて試してみましょう。

医療機関での定期検診がおすすめ

これらのことから、デンタルフロスを使った時のガリガリ感はやはり、歯に何らかのトラブルがある場合も多いようです。
デンタルフロスの種類を変えてみたり、サイズを変えてみて試してみてもなかなか良くならない時は早めに歯医者さんで見てもらうのがいいのかもしれませんね。

自分の歯は一生つきあっていくものです。
普段から虫歯の治療や歯石の除去をすることは一番歯にとって必要なことかもしれません。数か月に1度は歯医者さんの健診を受けて、キレイで健康な歯を保ちましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です