アロママッサージの香りの力で深い睡眠を手に入れよう

睡眠についての不満をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
例えば、すぐに寝つく事ができなかったり、やっと寝たとしても夜中に何度も目を覚ましてしまい、ぐっすり眠れなかったりと様々なパターンがあると思います。
しっかりした睡眠をとることができないと、疲れが残ってしまい体の調子も悪くなってしまいますよね。
そこで、ここではしっかりとした睡眠を手に入れるための方法についてお伝えしていきます。

C_Scott / Pixabay

睡眠の質を上げるためにアロマはいかがですか?

アロマ(精油)とは香りのする成分で、小さな小瓶に入っています。
様々な香りがあり、それぞれ働く作用が少し違っています。
例えば女性ホルモンのバランスと整える香りや、不眠にお勧めな香り、また精神的な不調を良くしたりするものもあります。

ただあまりアロマに依存してしまうとアロマがないと眠れない…といった事につながりかねません。
あくまでもいくつかの香りをチョイスし、自分にあった香りを知っておくことで、上手に睡眠が得られるでしょう。

どんなアロマ(精油)があるの?

アロマと聞いてすぐに思い浮かぶのはラベンダーではないでしょうか?
ラベンダーは気持ちを鎮めてくれる働きがあり、寝る前に嗅ぐにはピッタリの香りです。
心と体のコリをほぐして、良い眠りにつく助けとなってくれるでしょう。
また、スイートオレンジもお勧めの香りです。
老若男女すべての人に受け入れてもらえる香りの一つで、オレンジの香りには気持ちを元気にしてくれるエネルギーがあるので、リフレッシュ効果も得ながら良い睡眠をとることができます。
ラベンダーやオレンジに比べると少し価格が高いですが、ネロリやクラリセージの香りも、一日の疲れをほぐしてくれます。

アロママッサージが不眠に良いのはご存じですか?

市販のマッサージオイルや、自分で作ったマッサージオイルで寝る前にマッサージをしてみてはいかがでしょうか。
自分でマッサージしやすいのは足や腕、首のまわりからスタートさせる事で、リラックス効果の他にも、体からほのかに良い香りがしてくるので、快眠できます。
パートナーがいる場合は背中や肩などマッサージしてもらっても良いですね。
市販のマッサージオイルはすぐに使えるようになっているので、「アロマを使った事がない…」という人におすすめです。

自分で好きな香りのマッサージオイルを作ってみたい場合は、アロマオイル(精油)と植物油を混ぜて作ります。
本やインターネットでも紹介されていますので、好みの香りを自分で作ってみるのもいいかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です