スウェーデンブラッシングって知っていますか?

みなさんは、スウェーデンブラッシングという言葉を聞いたことがありますか?
あまり馴染みのない言葉だと思いますが、今回はそんなスウェーデンブラッシングとは何なのかということを紹介していきます。

■スウェーデンブラッシングとは?

スウェーデンブラッシングは、その名前にあるように、スウェーデンでは一般的な歯の磨き方のことです。
私達が普段している歯磨きとの違いは、ワンタフトブラシを使うという点です。
ワンタフトブラシは、歯ブラシの先が三角毛になっていて、奥歯や歯の隙間などの磨き残しを少なくしてくれます。
その結果、虫歯予防や口内環境を清潔に保つという効果が期待できます。
スウェーデンは、ワンタフトブラシを使っているおかげなのか、虫歯や歯周病といった歯科疾患が少ないのです。

私達が普段使用している歯ブラシは、毛の長さに多少の違いはあっても、奥歯や歯と歯の間などは磨き残しができてしまうかのうせいがあります。
もちろん、念入りにすればするほど磨き残しは少なくなりますが、どうしても歯ブラシが届きにくい場所は清潔さを保つことが難しくなってしまうものです。

■スウェーデンブラッシングで美しい歯を!

虫歯などのリスクを減らすことができるスウェーデンブラッシングはどのようにするのか見ていきましょう。
歯ブラシの毛先が三角になっているワンタフトブラシを使うということは前述しましたが、そのワンタフトブラシをより有効に活用するためのポイントがあります。
それは、いつも使っている歯ブラシだと磨きにくいと感じる場所をワンタフトブラシで重点的に磨くということです。
ワンタフトブラシで磨き残しが多い場所を2分間磨き、その後いつも使っている歯ブラシで1分くらい磨きます。
計3分間歯を磨くことになり、歯垢の除去にも効果的な歯の磨き方ができるのです。

■ワンタフトブラシを使う際の注意点

ワンタフトブラシを使う際に、注意しておきたい点があります。
それは、歯と歯茎の間をなぞる様にしっかりと磨くということ、柔らかめのブラシで優しく磨くということ、きちんとブラシを歯に当てて磨くということ、奥から手前に掻きだすようなイメージで歯磨きを行うことです。

この4つに注意してワンタフトブラシを使用すると、より効果的に歯を磨くことができます。
普段の歯磨きでは、きちんと磨いているつもりでも、半分くらいは磨けていないと言われているのです。
半分も磨き残しがあれば、虫歯などができてしまう理由もわかる気がします。
そこで、ワンタフトブラシを活用すると、磨き残しはほとんどなくなるそうです。

適切な口腔ケアを行い、清潔な歯や口腔環境にできるように心がけましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です