「ながら」でできる耳引っ張りでリラックス

リラックスするための方法は数多くあります。
中でもおすすめなのが、耳を引っ張ってリラックスする方法です。
リラックスするために何かを準備したりするのは面倒くさいもので、そのせいでストレスが溜まってしまっては何にもなりません。
ここで紹介する耳引っ張りの方法は、何かしながらでもできるので手軽に取り組むことができます。

■「ながら」でできるのが魅力
耳引っ張り方法は、いくつかありますがここで紹介するのは、「ながら」でできる方法です。
それは、ただ耳を引っ張るだけととても簡単です。
この耳引っ張りは、背中や腰の痛み、骨盤のゆがみ、姿勢が気になるなどに効果があります。
頭の真ん中には、蝶形骨と呼ばれる骨があり、耳のツボはこの蝶形骨に繋がっていると言われています。
蝶形骨の両側には、側頭骨がありこの側頭骨に耳がくっついているのです。
耳を引っ張ることで側頭骨と蝶形骨の間に隙間ができゆがみが解消されます。
蝶形骨は、神経や血管が通っていてストレスなどによってこれらの神経の働きが悪くなると疲れを感じやすくなります。
定期的に両耳を引っ張って蝶形骨のゆがみを解消することで神経の働きも良くなり、リラックスできるので疲労回復や姿勢の改善に効果があるのです。
気づいたときに耳を引っ張るだけとお手軽なので仕事中や就寝前などちょっとした時間を使って行うことができるのでおすすめです。

■耳引っ張りのやり方
背筋を伸ばして視線はまっすぐ前を見ます。
呼吸は自然な感じでゆっくりと行いましょう。
耳を引っ張るときは、親指と中指の2本で耳をつまむのですが、中指は耳のくぼみに部分に、親指は耳の後ろの付け根部分をつまみます。
その状態で斜め後ろに向かって2~3mmほど引っ張って10秒間キープしましょう。
これを数回繰り返すだけなのすごく簡単です。
耳には100以上ものツボがあると言われいて、耳引っ張りをすることで多くのツボを刺激できるのが魅力でもあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です