おしゃべりな人ほど口臭が気にならない

オーラルケアに関心を持つ人が増加しています。
虫歯や歯周病だけではなく、口臭予防に特化した商品も多く販売されています。
口臭は多かれ少なかれ誰にでもあるものです。
ここでは、口臭の対処法を紹介していきましょう。

■口臭が強くなる原因は?
口臭の原因は唾液の量が関係しています。
唾液には殺菌力があり、唾液が分泌されることで口の中の雑菌の繁殖を抑えることができています。
唾液の分泌量が少なくなると雑菌の繁殖が盛んになってしまい口臭が発生してしまうのです。
唾液の分泌は、寝ている時や緊張・ストレスを感じている時、長時間黙っていた時などに少なくなります。
唾液の量が少ない時は、口の中の粘着きや乾いた感じのするときなのでこういう時は、口臭対策をするようにしましょう。

■舌が原因の場合も?
舌の臭いが口臭の原因になっていることもあります。
舌にできる舌苔が口臭の原因の場合もあります。
口の中の雑菌や舌苔などから発生する臭いが口の中に溜まってしまうとそれが唾液に溶け込み口臭となるのです。
それでは、この舌苔のお手入れはどうすればいいのでしょうか。
舌苔を取るために舌磨きをしている人も多いようですが、歯ブラシなどで舌は磨かないようにしてください。
舌苔を取るには、口に水を含みその状態で舌を上あごにこすりつけるようにしましょう。
これを2~3回繰り返すことで汚れを落とすことができます。
その後キシリトールガムを噛むとさらに効果的です。

■お口体操で口臭予防
口臭改善に歯、唾液量を増やすのが一番です。
おしゃべりをすることで舌の動きも活発なり唾液の量も増えますが、仕事をしている人はずっとおしゃべりをしているわけにもいきません。
そんなときは、お口体操で口臭予防をしましょう。
お口体操は、上下のは歯を動かしカチカチと音を鳴らすように口全体を動かします。
その後し口の中で舌を左右共に12回ぐるぐると回すだけなのでとても簡単にできます。
舌を動かすことで唾液の分泌も良くなるので試してみてください。

年齢と共に唾液の量も少なくなるので、毎日の生活の中でよく食べ・よく噛み・よくしゃべること意識するのがおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です