恋をしなくても綺麗になれる方法がある?

一般的に、「恋をすると綺麗になれる」といわれています。
どうして綺麗になれるのかというと、恋愛ホルモンというホルモンが分泌されるからです。
しかし、恋をしなくても綺麗になれる方法もあるって知っていましたか?

■恋愛ホルモンとは?

恋愛ホルモンは、恋をすると働きが活性化する4つのホルモンのことです。
それは、フェニルエチルアミン、エストロゲン、ドーパミン、オキシトシンです。
しかし、いつでも恋をしているときの気持ちを保ち続けることは難しく、彼氏とマンネリ、好きな人ができない、子育てや仕事でていっぱい・・・という人もいるはずです。

そんな時は、恋愛ホルモンと同じような働きをする成分を摂取すれば良いのです。

■フェニルエチルアミンに似ている成分

フェニルエチルアミンは、消化の手助けをしてウエストを引き締めてくれます。
実は、フェニルエチルアミンはチョコレートやココアなどに含まれている香り成分なので、意識して食べるようにすると良いでしょう。
しかし、気分を向上させて中毒症状のようになるという特徴もあるので、食べすぎには要注意です。

■エストロゲンに似ている成分

エストロゲンは聞いたことがあるかもしれませんが、女性らしい体を作るために必要不可欠な成分です。
エストロゲンを食べ物から摂取する場合は大豆が一番効果的です。
大豆に含まれているイソフラボンがエストロゲンと同じような働きをするからです。

■ドーパミンの分泌を促してくれる成分

ドーパミンは、快楽ホルモンとも呼ばれていて、嬉しい・心地が良いという快楽や快楽の動機となる行動はドーパミンの分泌によって再現されます。
さらに、ドーパミンによって目力がアップしたり、頬がピンク色になったりするのでモテル要素が増えることになります。
ドーパミンの分泌をサポートしてくれる食べ物は、動物性のたんぱく質やバナナなどです。

■オキシトシンの分泌を促してくれる成分

オキシトシンは、愛情や信頼を決定づけるので母性ホルモンとも呼ばれています。
オキシトシンの分泌が盛んになると、ストレスホルモンを減らしてくれるのでストレスを軽減させる作用があるといわれています。
オキシトシンの分泌をサポートしてくれる食べ物は、肉類、魚介類、鶏卵、ぎ牛乳などです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です