女性ホルモンが減少して、女性のオス化が進んでる!?

現代はストレス社会といわれているほど、ストレスにさらされた生活を余儀なくされています。
そんなストレス社会の中で戦う女性の女性ホルモンが減少し、女性のオス化が進んでいるらしいのです。

■女性ホルモンのバランスは重要

女性ホルモンのバランスが乱れると、イライラしたり肌荒れしたりといった不調が現れます。
そのような状態になるということは、不規則な生活やストレスにさらされていることによって、女性ホルモンのバランスが乱れている可能性があります。
女性ホルモンとストレスは、とても関係が深く、ストレスを感じると女性ホルモンが減少してしまうそうです。
仮に生理が周期的にきているという人でも、女性ホルモンのバランスが乱れているかのうせいがあるので注意が必要です。

■女性ホルモンを乱す原因

女性ホルモンが乱れる原因は、過度なダイエット、暴飲暴食や寝不足などの不規則な生活、精神的な要因などが考えられます。
自分自身の中で、無理をしているなと感じた時はストレスになっていて、女性ホルモンが乱れている可能性があります。

■女性ホルモンが乱れることで起こる悪影響

女性ホルモンが乱れると、様々な悪影響が起こります。
・脳
アセチルコリンなどの神経伝達物質が減少することで、認知機能が低下してしまいます。
・髪
頭皮のコラーゲンや潤いが失われることで、血流が悪化し、抜け毛や髪の毛が細くなる原因になります。

・体脂肪
代謝が落ちてしまうので、皮下脂肪より内臓脂肪がつきやすい状態になり、ぽっこりお腹の原因になります。

・血管
血管のしなやかさがなくなってしまうので、脂質の代謝が悪くなり、動脈硬化のリスクが高くなります。

・肌
コラーゲンの量が減り、肌の弾力が低下し、保水力も落ちてしまうため潤いもなくなります。シワやたるみの原因になります。

女性ホルモンのバランスが乱れることで、このような悪影響が起こります。
女性らしいボディラインではないぽっこりお腹、抜け毛で薄くなってしまった髪の毛などオス化が進まないうちに対処できるようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です